Flashの3Dをムービーに書き出すと失敗しやすい?


…タイトルの通りだけど…。
この前、「大学の課題Flashムービーが綺麗にエンコできない」という嘆きの日記を書きましたが、
今回は更に痛烈!
Flash CS4からの機能、オブジェクトの3D配置をあちこちに使いまくって製作したのですが、
それを最初から最後まで一度にムービーに書き出すと…
3D処理を施したオブジェクトの位置と動きがおかしい!!
○○が全然違う場所に出てる!
××のトゥイーンが全く動かない!
くそぅ…信じられん…
それなりにハイスペックのデスクトップなのに…
 
結局20秒くらいに細かく区切って書き出して、Movie Studio HD の体験版で繋ぎ合わせました。
一度にドカッとまとめてエンコすると失敗率が上がるのかしら…。
3Dはまだ弱い機能なのでしょうか?