まぜてこねてふにふに

中毒系の謎ソング(おどり付き)

  • 公開日
    2013年1月12日
  • 作画枚数
    1140枚ぐらい
  • 再生時間
    5:01
  • 製作期間
    7ヶ月ぐらい
かいせつ

ボカロアニメ第6弾。
本作は作詞・作曲・編曲まで自分でやってしまいました(ミキシング・マスタリングはSyuntaroさん)。
タイトルも歌詞もとにかく意味不明な、私の好み丸出しの謎ソングと、
「悪いことはしちゃいけないよ」以来のおどりを前面に出したMVです。

前作と打って変わって今作は
「ダイナミックに!ヌルヌルに!派手に動かしたい!」
「久々に変なおどりをおどらせたい!」
「リズムにノせたい!」
を目標に本当に好き放題やりました。結果、描いた絵は前作から360枚増量しておよそ1140枚になりました。
24fpsでヌルヌル動くシーンもかなり多かったもので。

派手に動かすことが目標の一つだったため、元々無かった絵の丁寧さをさらに殺してより簡略化した絵柄になりました。
動きなどは湯浅政明さんを参考にさせていただきました。
デフォルメやオバケ、スクワッシュといった技法も激しく取り入れています。
プロが簡略化するのとヘタな奴が簡略化するのじゃ違うんですけどね。。

そして、一部Dメロなどを除いてかなりの部分のアニメーションがリズムにノッています。
おどりも人間には不可能そうに見えて実はなんとかおどれます。
展開も意図も全くわかりにくいMVですが、とりあえず「ノれればいいや」ということで…。

ところで「まぜてこねてふにふに」とは何でしょう。
強いて言えば「まぜる=泡立て器」「こねる=パンの生地のようなもの」
「ふにふに=やわらかい」なのですが、実は作者もよくわからないで付けています。
あれは2011年の春、大学でイスに座っていたらフッと
「♪まーぜてこねてふーにーふーにー」のフレーズとメロディーが天から降ってきたように頭に浮かび、
そこから夢中になってキーボードを使って全体の作曲に至りました。本当に何がきっかけだったんだろう。

初の作曲でミキシングとマスタリングの難しさがようやくわかりました。
何度も何度もミキシングとマスタリングをしてくれたSyuntaroさん、
映像に関して意見をくださった友人の皆さん、ありがとうございました。