気まぐれマジカル講座~3D番組ロゴ編① 3D化する


以前の動画でマジカル頭脳パワー!!の3Dのロゴを自分で作れたのがうれしかったので、
気まぐれで作り方講座を開きます。フリーソフトだけで作れます。

このパートではこんなロゴを作るところまで進みます。

え、字が違うって?
僕の地域では「ロジカル葡萄サワー!!」という番組名だったんですよ~ハハハ。

用意するもの

  • Inkscape(フリーのベクタ画像作成ソフト)
  • Blender(フリーの3D作成ソフト)

Inkscapeで線を描く

Inkscapeを開き、「矩形ツール」で四角形を作ったり・・

 

もしくは「ペンツール」でロゴのアウトラインを真似して描きます。点つなぎみたいに描いていきます。

 

完成したらこんな感じです。↓

 

文字を全部選択し、グレーの色の上で右クリック>「フィルに設定」を選んで、グレーに塗りつぶします。
真っ黒だと見えにくいからグレーがおすすめ。

 

バツマークの上で右クリック>「ストロークに設定」を選んで、線をなくします。

 

ここまでできたら普通に保存します(svgファイルという形式になる)

Blenderで読み込み

Blenderを起動して、日本語化します。(やり方はこちらの方の記事をみてネ!)

最初から出てる箱は使わないので消します。(右クリックで箱を選択>deleteキー)

 

さっき書き出したsvgを読み込みます。(ファイル>インポート>(.svg)>さっき保存したファイルを選択)

 

これでロゴが出るはず!
多分かなり小さい状態で読み込まれるから、Aキーで全選択してSキーで拡大すると良いかも

 

 

Aキーで文字を全部選択した状態で、

  • 右側の①「データ」アイコンをクリックし、
  • ②「▼ジオメトリ」が閉じていたら開き
  • ③Altを押しながら「押し出し」の数値を5mm程度に増やします。

(Altを押しながらでないと全部の文字が変わってくれない)

すると文字に厚みがついて、立体になります。

 

淵を斜めにしたいので、「オフセット」を-1mm、「深度」を1mmにします。ここもAlt押しながらです。

 

するとこんな感じになります。ななめに削られたのがわかりますね。
地味に感動する機能です。

 

これで形は完成! 

うん、どこから見ても立体!

これで完成でもいいですし、もっとリアルな金属にしたい方は次回の「金属っぽくする編」をお待ち下さい~。